Transforming Classrooms for Active and Collaborative Learning(チャプター1)

1

  • 講師:Andy Leger(カナダ・クイーンズ大学)
  • 実施日:2014.12.18
  • 全72分
  • 視聴数:2447回
従来の講義形式と比べ、アクティブラーニングが学生の学習成果、例えば知識習得量、批判的思考力、問題解決力、コミュニケーション力を伸ばすこと、さらに教員の教授戦略に変化を促すことが研究で明らかになっています。そうしたアクティブラーニングの効果を高めるには教室空間の設計にも配慮することが必要です。本セミナーでは、カナダ・クィーンズ大学 教授学習センターのAndy Leger先生がクィーンズ大学において取組んでいる新たな教室空間の整備とその効果について紹介します。

関連動画

インストラクショナルデザインへの誘い

インストラクショナルデザインへの誘い

  • 講師:鈴木 克明(熊本大学)
  • 実施日:2016.08.09
認知科学と学習の原理・応用

認知科学と学習の原理・応用

  • 講師:佐伯 胖(信濃教育会教育研究所長,東京大学名誉教授)
  • 実施日:2013.10.08
授業づくり:準備と運営

授業づくり:準備と運営

  • 講師:邑本 俊亮(東北大学)
  • 実施日:2014.07.11
歴史から見た大学:中世から現代まで

歴史から見た大学:中世から現代まで

  • 講師:寺﨑 昌男(立教学院)
  • 実施日:2013.09.01
学習効果を高めるICTの活用法 ~反転授業も含めた授業設計~

学習効果を高めるICTの活用法 ~反転授業も含めた授業設計~

  • 講師:向後 千春(早稲田大学)
  • 実施日:2014.11.17
学習と教育の科学-認知理論から大学の授業改革を考える-

学習と教育の科学-認知理論から大学の授業改革を考える-

  • 講師:市川 伸一(東京大学)
  • 実施日:2014.10.17