日本の高等教育政策(チャプター1)

0

  • 講師:羽田 貴史(東北大学)
  • 実施日:2018.03.23
  • 全71分
  • 視聴数:1394回
日本の高等教育を,どのように望ましい姿に変え,個人・社会と人類社会に貢献する役割を果たすようにするかは,大学管理者・教職員はじめ大学人はもちろん,政治・経済・文化界といった大状況だけでなく,私たち個人や家族も含めた日本国民すべての課題である。しかし,様々な利害を調整してあるべき姿を追求する高等教育政策は,規制緩和を旗印にしたこの20年間混迷を深めてきた。そればかりか,経済再生ができないのも大学教育が悪いから,大学が悪いのは,企業的経営を採用しない大学人が悪いから,と他者を論難すれば自分が正当であるかのような大学叩きも止むことがない。そんなに経営主義が立派なら,日本の企業ももっと業績があがりそうなものだが。
本セミナーでは,戦後70年を踏まえて,規制緩和以降の20年間の高等教育政策を素描し,政府・政党・高等教育研究者の病理現象を論じる。ただし,治療薬は今のところ見つかっていない。

関連動画

インストラクショナルデザインへの誘い

インストラクショナルデザインへの誘い

  • 講師:鈴木 克明(熊本大学)
  • 実施日:2016.08.09
認知科学と学習の原理・応用

認知科学と学習の原理・応用

  • 講師:佐伯 胖(信濃教育会教育研究所長,東京大学名誉教授)
  • 実施日:2013.10.08
授業づくり:準備と運営

授業づくり:準備と運営

  • 講師:邑本 俊亮(東北大学)
  • 実施日:2014.07.11
歴史から見た大学:中世から現代まで

歴史から見た大学:中世から現代まで

  • 講師:寺﨑 昌男(立教学院)
  • 実施日:2013.09.01
学習効果を高めるICTの活用法 ~反転授業も含めた授業設計~

学習効果を高めるICTの活用法 ~反転授業も含めた授業設計~

  • 講師:向後 千春(早稲田大学)
  • 実施日:2014.11.17
学習と教育の科学-認知理論から大学の授業改革を考える-

学習と教育の科学-認知理論から大学の授業改革を考える-

  • 講師:市川 伸一(東京大学)
  • 実施日:2014.10.17