【HEIJ】第5回大学教育イノベーションフォーラム
「FD・SDのイノベーション:コロナ禍における取組と今後の展望」

【日時】2020年10月29日(木)13:00-15:30

【主催団体「大学教育イノベーション日本」について】
大学教育イノベーション日本(Higher Education Innovation in Japan: HEIJ)は、国公私立の設置形態の区別なく、大学教育改革に取り組む組織が結集し、2016年9月28日に設立された任意団体です。HEIJは、大学の教職員の能力開発、カリキュラムや教育方法の開発、教育マネジメント・組織開発等を促進し、日本の大学教育のイノベーションに寄与することを目的としています。現在、加盟組織数は15となっています(FD・SD実施機関のうち教育関係共同利用拠点として認定された全14組織を含む)。毎年度、重要テーマを設定して大学教育イノベーションフォーラムを開催するなど、積極的に活動を展開してきており、今後とも、大学教育におけるグッド・プラクティスの普及を図ってまいります。

【趣旨】
 2020年は新型コロナウイルス感染症という脅威によって、世界中が一斉に大規模な社会実験に取り組まざるを得ない状況になりました。日本も例外ではありません。とりわけ4月7日に緊急事態宣言が発出されたことを機に、多くの組織ではリモートワークが推奨され、街の景色から人の姿が消え、私たちの生活様式は劇変しました。
 大学教育においては、授業のオンライン化が急速に進みました。それは、教員にとって授業設計を見直す機会になるとともに、学生の授業外学修時間が増える傾向も見られます。また、学生と教員の双方から、コロナ禍収束後の対面授業とオンライン授業の併用を希望する声も挙がっています。
 FDとSDといった人材育成の現場においても、これまでとは異なる研修のあり方がこの半年間模索されてきました。オンラインで実施する研修、公開されている教材を活用する研修、オンラインで授業を担当する教員のための研修など新たな試みが行われてきました。一方、オンラインの実施での参加者のネットワークづくりなどの課題も明らかにされてきました。
 本フォーラムでは、大学教育イノベーション日本加盟組織のFDとSDの取り組みの事例を踏まえて、今後各大学でFDとSDをどのように進めたらよいかの論点と課題を共有します。

【プログラム】
13:00 開会

13:00~13:10  趣旨説明
          中井 俊樹(愛媛大学 教育・学生支援機構 教育企画室 教授)

13:10~13:25  事例1「東北大学のFD・SDの取り組みと展望」
          大森 不二雄(東北大学 高度教養教育・学生支援機構 教授)

13:25~13:40  事例2「千葉大学のFD・SDの取り組みと展望」
          我妻 鉄也(千葉大学 アカデミック・リンク・センター 特任助教)

13:40~13:55  事例3「芝浦工業大学のFD・SDの取り組みと展望」
          榊原 暢久(芝浦工業大学 教育イノベーション推進センター 教授)

13:55~14:10  事例4「帝京大学のFDの取り組みと展望」
          井上 史子(帝京大学 高等教育開発センター 教授)

14:10~14:20  休 憩(10分)

14:20~14:35  事例5「愛媛大学のFD・SDの取り組みと展望」
          竹中 喜一(愛媛大学 教育・学生支援機構 教育企画室 講師)

14:35~14:50  事例6「熊本大学のFD・SDの取り組みと展望」
          鈴木 克明(熊本大学 教授システム学研究センター 教授)

14:50~15:30   総合討論・まとめ(40分)
          討議司会:夏目 達也(名古屋大学 高等教育研究センター 教授)

15:30 閉会

【参加申込み締切】2020年10月26日(月)

【参加費】無料

【定員】200名(先着順)
本セミナーはZOOMによるウェビナーです。

【お問合せ先】
大学教育イノベーション日本 事務局
東北大学 高度教養教育・学生支援機構 大学教育支援センター
Tel: 022-795-4471
Email: iehe-seminar@ihe.tohoku.ac.jp (イベント申込受付用)
ホームページ: https://www.heij.jp/

【大学教育イノベーション日本 加盟組織】
北海道大学高等教育推進機構高等教育研修センター、東北大学高度教養教育・学生支援機構、筑波技術大学障害者高等教育研究支援センター、筑波大学 ダイバーシティ・アクセシビリティ・キャリアセンター、千葉大学大学院看護学研究科附属看護実践研究指導センター、千葉大学アカデミック・リンク・センター、芝浦工業大学教育イノベーション推進センター、帝京大学高等教育開発センター、岐阜大学医学教育開発研究センター、名古屋大学高等教育研究センター、公益財団法人 大学コンソーシアム京都、山口大学知的財産センター、愛媛大学教育・学生支援機構教育企画室、九州大学基幹教育院次世代型大学教育開発センター、熊本大学教授システム学研究センター

お申し込み Registration Form

必須 Compulsory

氏名
Name
ふりがな
Varity Name
区分
Category
所在地
Prefecture
所属機関
Institution
部局・部署
Faculty(Department)
職名(学年)
Occupation, Title/Academic Grade
住所
Address
-
電話番号
Phone number
- -
FAX番号
Fax number
- -
メールアドレス
E-mail address
行事案内はどこで知りましたか?
Where did you learn about this event?

個人情報保護方針:東北大学は、ウェブサイト利用者からお預かりした業務上利用する個人情報の管理が重要な責務であるとの認識のもと、ここに個人情報保護方針を定め、個人情報の保護に関する法令及びその他の規範を遵守し、自主的なルール及び体制を確立し、事業を行っていくことを宣言いたします。


Privacy policy : Based on its recognition that management of personal information obtained from website users for business use is an important responsibility, Tohoku University hereby establishes its Privacy Policy, declares that it will comply with laws, regulations, and other standards related to protection of personal information, and declares that it will establish its own voluntary rules and systems and do its business in accordance with them.

教育関係共同利用拠点プログラム:教育関係共同利用拠点プログラム参加者には、利用者として登録をお願いしております。
利用者のメールアドレスは今後のプログラムのご案内をするために、教育関係共同利用拠点のメーリングリストに登録させていただいております。
次回の行事案内を希望される方は、送信完了ページから、拠点のメーリングリストにご登録ください。


Joint Educational Development Center programs : Participants in Joint Educational Development Center programs are requested to register as users. Users’ email addresses will be registered to the Joint Educational Development Center mailing list to provide information on future programs. If you would like to be informed of upcoming events, please register for the center’s mailing list.