教育研究と大学運営の高度化を担う教職員に

大学設置基準の改正(2017年4月施行)により、大学の教育研究問うの効果的な運営を図るため、職員のほか、教員や執行部をも対象とする新しい「SD」が義務付けられました。本プログラムでは、新SDの趣旨を踏まえ、各層の運営責任者、教育研究を担う教員、業務の最前線を支える職員、各々の立場から、教育研究マネジメントを含む大学運営の高度化に取り組む上で共通に必要とされる重要テーマについて、連続セミナーを開催していきます。
若手・中堅職員を対象としたセミナー・ワークショップ「若手職員のための大学職員論」は半期に1回開催、管理職級以上、もしくはマネジメントに関わる内容については、アドホックに受講可能なPDセミナーのマネジメント関連セミナーやアカデミック・リーダー育成プログラム(履修証明プログラム)をご覧ください。

SDPシリーズ

第1回  大学経営の危機と経営人材の育成
2018年9月6日(木)13:00-16:30
18歳人口減と公財政事情により大学の経営環境が厳しさを増す中、科学技術の地位低下への歯止めと教育の質保証に加え、イノベーションや地方創生への貢献が求められる今日、大学経営人材の育成は、オールジャパンで取り組むべき課題となっている。本セミナーでは、経営人材に係る課題を把握し、育成体制について議論します。

<講師>
河田悌一(日本私立学校振興・共済事業団 前理事長)
山本健慈(国立大学協会専務理事・和歌山大学名誉教授)
両角亜希子(東京大学大学院教育学研究科准教授)

第2回  認証評価と内部質保証
2018年12月12日(水)13:30-16:30予定
機関別認証評価は第3期を迎え、内部質保証は重点評価項目としてますます重要視されています。本セミナーでは、3つの認証評価機関から講師陣をお招きし、「内部質保証」の考え方を今一度整理し、内部質保証を「システム」として構築し、機能させていくとはどういうことかについて、その実践や課題を学びます。

<講師>
土屋 俊(大学改革支援・学位授与機構 教授)
工藤 潤(大学基準協会 事務局長)
伊藤 敏弘(日本高等教育評価機構 事務局長/評価研究部長)

若手職員のための大学職員論

対象:若手・中堅職員
実施:半期に1回、半日
若手の大学職員にとって、これからのキャリアパスを描いたり、この先何を学んでいけばいいのか、様々な人との関わりから考える契機を持つことが大切です。このセミナー・ワークショップでは、先輩達の経験を聞きながら、大学職員としての学びの機会を提供します。

プログラム進行状況

一覧はこちら »