PDP ONLINE

専門性開発プログラム(Professional Development Program)の動画配信を行っています。

高大接続と大学入試改革(チャプター1)

講師:宮本 友弘(東北大学)
実施日:2020.10.10 全66分 視聴数:507回

日本で大学・高等教育に関する関心事は何かと尋ねられたら、「大学入試」と答える方は少なくないかと思います。「四六答申」によれば、入学者選抜方法については、つねに「公平性の確保」「適切な能力の判定」「下級学校への悪影響の排除」という原則のいずれに重きをおくべきかという試行錯誤の繰り返しであったといいます。そうした大学入試改革ですが、2021年度入試からは新たに「大学入学共通テスト」が実施されます。しかしながら改革の柱であった英語での民間試験の活用と、国語・数学での記述式問題の出題は、2019年末に急遽見送られることが決定しました。現在の大学入試改革は、直接的には中央教育審議会が2014年12月に公表した「高大接続答申」に端を発します。
本セミナーでは、東北大学の宮本友弘教授を講師に、錯綜する現代日本の大学入試改革をどのように見るべきか、高大接続改革の現状を踏まえながらこれからの大学入試を検討していただきます。

カテゴリ: 高等教育リテラシー形成