PDP ONLINE

専門性開発プログラム(Professional Development Program)の動画配信を行っています。

データを活用した教育改善へのステップ(チャプター1)

講師:鳥居 朋子, 川那部 隆司(立命館大学)
実施日:2015.12.19 全83分 視聴数:3088回

現在,高等教育では組織的な教育改善に向け,学内情報・データを収集・分析する機関調査(Institutional Research: IR) がますます重要性を増しています。IR とは何かを理解し,適切なリサーチ・クエスチョンの設定,リサーチ・クエスチョンを解決するためのデータの収集・分析,結果を教育改善に結びつける手法を修得することが必要です。そこで本セミナーでは,大学の教育改革に向けて先駆的にIR を導入・活用してきた立命館大学からお二人の講師をお招きし,学内調査の実施・活用の方法や課題についてお話しいただきました。前半でのIR に関する講義に続き,後半のワークショップの導入部分を収録・公開します。

カテゴリ: マネジメント力形成