PDP ONLINE

専門性開発プログラム(Professional Development Program)の動画配信を行っています。

Curriculum Reform in Australian Universities: Management for Internationalization(チャプター1)

講師:Peter McPhee(University of Melbourne)
実施日:2015.11.26 全58分 視聴数:1746回

同世代の50%が大学に進学し,国境を越えて学生が移動して学習する現代社会において,大学教育は大きな課題に直面しています。一足先に大衆化した高校教育は,大学進学のみを目的としないために多様化し,大学での学習との接続関係が崩れてきました。グローバル化時代には,海外の中等教育を修了した入学者が増加し,大学教育が今まで前提としてきた入学前学力が著しく多様化しました。また,大学院が拡大し,東北大学では理系学部の90%,全体でも60%以上が大学院に進学しますが,最先端の研究とそれを支える幅広い専門性や教養をどうバランスをとってカリキュラムに配分するかが大きな問題になっています。これらの課題は,日本だけではありません。東北大学高度教養教育・学生支援機構では,オーストラリア・メルボルン大学名誉教授・元教育担当副学長として,世界的に注目されるメルボルン大学の教育改革をリードし,オーストラリアの大学教育改革に詳しいピーター・マクフィー氏を客員教授にお迎えしました。この機会に,オーストラリア・メルボルン大学の取り組みについて講演していただきました。

カテゴリ: マネジメント力形成