PDP ONLINE

専門性開発プログラム(Professional Development Program)の動画配信を行っています。

聴覚・視覚障害学生の体育授業における配慮と工夫(チャプター1)

講師:栗原 浩一(筑波技術大学)
実施日:2016.11.08 全23分 視聴数:2473回

平成28年4月1日より障害者差別解消法が施行されました。すでに多くの大学で,障害学生に対する支援体制の整備が進み,「社会的障壁の除去」「合理的配慮の提供」のための対応がなされています。ただ,障害種別によっても,また学生のおかれる場面・状況によっても求められる内容は様々であるため,多様なニーズへの対応に困難を抱える大学もあると考えられます。障害者差別解消法が施行されてまだ間もない中,大学における障害学生の教育・支援について実効性のある知見を大学間で共有していくことは大変重要です。本セミナーでは筑波技術大学の栗原浩一先生をお迎えし,障害学生と大学体育の現状,および体育の授業を行う際の聴覚・視覚障害学生のための配慮と工夫についてご講演いただきます。

カテゴリ: 学生支援力形成