PDP ONLINE

専門性開発プログラム(Professional Development Program)の動画配信を行っています。

Engaging Students in Learning in English-medium Classes(チャプター2)

講師:Todd Enslen(東北大学)
実施日:2017.09.27 全51分 視聴数:576回

英語で授業をする際,授業内容を英語で準備するだけは十分ではありません。スムーズな授業運営のためには,授業で用いる英語表現をマスターするのと同時に,学習理論を踏まえつつ授業設計やマネジメントの方法についても幅広く知っておく必要があります。学生の学習意欲を喚起するには,文化的背景を意識しつつ英語らしいポジティブで丁寧なやり取りを心がけ,アクティブ・ラーニングを通して学習者の主体的な学びを促していくことが大切です。
本動画では,英語で授業を現在担当している(あるいは,担当可能性のある)教員のみなさん,大学教員を目指す大学院生のみなさんを対象に,異なる文化的背景を踏まえながら授業でどのような英語表現を用いるべきなのか,学習のパラダイム転換を背景にアクティブ・ラーニング等の学習者主体の授業をどのように行うのか,理論や実践について学びます。

カテゴリ: 専門教育指導力形成