PDP ONLINE

専門性開発プログラム(Professional Development Program)の動画配信を行っています。

私立大学のガバナンス ~事例にみるその多様性と可能性~(チャプター1)

講師:大森 昭生(共愛学園前橋国際大学)
実施日:2017.08.04 全63分 視聴数:1792回

18歳人口の減少や社会・産業構造の変化を背景に,44.5%(2016年度)が定員割れの状態にある私立大学は,国公私立大学の枠を超えた経営統合・再編の可能性の模索や,少子化時代に適合的な経営モデルの構築など,これまでに経験したことのない厳しい経営環境に置かれています。とりわけ地方所在の中小私立大学は,学内ガバナンスの強化を図って社会的信頼を得つつ,学内外の多様な主体や資源を活かして経営基盤を強化していくことが求められています。
共愛学園前橋国際大学の大森昭生学長を講師にお招きし,新機軸の独創的な取組みで全国的に注目を集める同大学の事例・経験をご紹介いただき,私立大学ガバナンスの多様性と可能性について考えます。

カテゴリ: マネジメント力形成