PDP ONLINE

専門性開発プログラム(Professional Development Program)の動画配信を行っています。

大学における教育と学習の評価(チャプター1)

講師:木村 拓也(九州大学)
実施日:2018.04.28 全71分 視聴数:1093回

従来、大学における教育と学習の成果は科目試験、レポート、卒業研究等で把握するのが一般的でした。しかし近年は、標準テスト、ルーブリック、ポートフォリオ、学生調査といった多様な手法の導入が進み、直接評価と間接評価を組み合わせたアセスメントの精緻化・高度化が試みられています。ただし、こうした取組はまだ緒に就いたばかりです。成果の可視化を求める社会的要請が強まるなか、大学教育による主要な成果と言える学生の認知的・情緒的成長をいかに測定し、見える化していくべきなのでしょうか。本セミナーでは、教育・学習評価に造詣の深い九州大学の木村拓也先生を講師にお迎えし、多様な評価手法と実際の活用方法について学びます。

カテゴリ: マネジメント力形成