PDP ONLINE

専門性開発プログラム(Professional Development Program)の動画配信を行っています。

国際シンポジウム「ノーベル賞受賞者が主導した科学・技術教育の科学的変革ーカール・ワイマン博士とインペリアル・カレッジ・ロンドンの取組ー」 (チャプター1)

講師:Martyn Kingsbury(Imperial College London)
実施日:2019.03.02 全43分 視聴数:765回

ノーベル物理学賞(2001)を受賞したカール・ワイマン博士は、科学教育の変革に取り組み、全米ベストティーチャー賞(2004)を受賞した。彼のグループの実践研究結果によれば、学生に高い学習成果をもたらす授業は、学生にチャレンジングな課題を与え、科学者らしい推論を行うよう仕向け、頻繁なフィードバックを提供するというものであり、科学者が教育にも科学的アプローチ(エビデンスに基づく教育方法)を採ることで実現した。
本シンポジウムでは、ワイマン博士と、大学全体・全学科に導入しようと教育戦略に取り組む英国インペリアル・カレッジ・ロンドンのマーティン・キングスベリー教授を講師としてお招きし、日本の研究大学におけるSTEM(科学・技術)分野の教育イノベーションのための示唆を得る。

カテゴリ: 専門教育指導力形成