PDP ONLINE

専門性開発プログラム(Professional Development Program)の動画配信を行っています。

課題を考える-大学教育の課題とデータサイエンス学部の挑戦(チャプター1)

講師:竹村 彰通(滋賀大学)
実施日:2017.11.13 全36分 視聴数:1178回

講義の概要

数理科学は,理系・文系の区分を超えた現代人の教養です。ビッグデータを読み・使いこなす統計分析力などは,大学で学ぶ基礎スキルであるとともに,複雑化した現代社会を主体的に生き,判断する市民として必須の教養です。従来の数学教育の体系を難易度で切り分けて理系・文系で配置する発想を超え,世界観の形成や社会・経済生活の具体的な課題を把握し解決する力を育成する数理科学教育が求められています。
このような数理科学教育の在り方を共有し,具体的な大学の数理科学教育を発展させるために開催された数理科学教育シンポジウム「数理科学教育の現代的展開」より,竹村彰通先生の講演の様子をお送りします。

カテゴリ: 専門教育指導力形成