概要

 大学教育支援センター(Center for Professional Development; CPD)は、高度教養教育・学生支援機構(旧:高等教育開発推進センター)が教育関係共同利用拠点としての役割を果たすために設けた業務センターです。
 高度教養教育・学生支援機構は、2010年3月に文部科学省より教育関係共同利用拠点として認定を受け、第1期(2010~2014年度)は「国際連携を活用した大学教育力開発の支援拠点」として、国際連携を活用した海外の最先端プログラムの導入を基本に、①教員の能力の構造化とキャリア・ステージに対応したプログラムの開発・提供、②教職協働を進める職員開発、③教育改革を進める中核人材の育成、の3つのコンセプトに基づき、様々な取り組みを行いました。
 2015年度からは、「知識基盤社会を担う専門教育指導力育成拠点-大学教員のキャリア成長を支える日本版SoTLの開発」(2015~2021年度)として新たな認定を受け、活動しています。
 高度教養教育・学生支援機構は、高大接続と入試、全学教育の開発と推進、高等教育国際化の推進、学生相談と学生支援、保健管理と健康指導、高等教育の研究と開発などを使命とし、11のセンターを設置しています。大学教育支援センターは、これらのセンターの先進的な取り組みと成果を学内外に発信し、日本の高等教育の向上に寄与するインターフェースの役割も担っています。