PDP ONLINE

専門性開発プログラム(Professional Development Program)の動画配信を行っています。

学術分野の男女共同参画とポジティヴ・アクションの課題―憲法学研究者としての歩みにふれて(チャプター1)

講師:辻村 みよ子(東北大学)
実施日:2012.12.20 全49分 視聴数:1904回

本動画は,「世界トップクラス研究リーダー養成セミナー」として東北大学 女性研究者育成支援推進室により開催された講演を収録したものです。 辻村みよ子先生は1999年東北大学法学部教授、同大学院法学研究科教授に就任。 東北大学、ディスティングイッシュト・プロフェッサー、21世紀COE「男女共同参画社会の法と政策」、GCOE「グローバル時代の男女共同参画と多文化共生」拠点リーダー、日本学術会議会員、内閣府男女共同参画会議議員、全国憲法研究会代表、ジェンダー法学会前理事長、国際憲法学会日本支部副代表等など、国立大学法学部初の女性憲法学教授として長きにわたって学内外でご活躍されてきました。 このたびご退職されるにあたり、今までご経験されたご結婚、子育て、女性のキャリアなど自らのご経験を踏まえて、お話いただきました。

カテゴリ: 高等教育リテラシー形成