PDP ONLINE

専門性開発プログラム(Professional Development Program)の動画配信を行っています。

学生への経済的支援の現状と課題(チャプター1)

講師:小林 雅之(桜美林大学総合研究機構教授)
実施日:2021.06.19 全70分 視聴数:840回

講義の概要

我が国では2017年より所得連動型奨学金制度と給付型奨学金制度が創設されました。以後、「高等教育の無償化」は突如として国の重要政策課題となり、2007年12月の「新しい経済政策パッケージ」では授業料減免と給付型奨学金の拡充が閣議決定されました。短期間の議論の後、2019年5月には大学等就学支援法が成立して、高等教育の無償化が「限定的に」進んでいます。しかしコロナ禍にある今、教育機会をめぐる経済的支援のあり方は喫緊の重要課題となり、広く国民的議論の必要性に迫られているのが現状ではないでしょうか。
学生支援の現状と課題について、教育機会均等、学生支援の根拠、戦後日本における学生支援制度の変遷等を踏まえながら、コロナ禍対応が迫られる現在を射程に検討いただきます。

チャプター1:Introduction

イントロでは、講演内容についてその骨子を紹介しています。
学生支援について、これまで30年程度研究を続けてきましたが、コロナ禍のもと、あらためてこの問題がクローズアップされています。
今回の講演では、学生への経済的支援(学生支援)とは何かを初めに考え、学生支援の根拠や教育費の公的負担の根拠、日本における学生支援制度と2020年度の大学等修学支援法による制度改革の内容を検討、さらにコロナ禍対策としての学生支援についても紹介します。

カテゴリ: 高等教育リテラシー形成