• TOP
  • 教育評価分析センター

教育評価分析センター(Center for Institutional Research: CIR)

使命

(1)国内外の高等教育動向および実践に関する調査研究を実施し、教育および学習に関する評価の理論を発展させ、その成果を国際的に発信する。

(2)本学の教育学習活動に係る意思決定に資するデータ収集・分析・提供のための効果的システムの開発・運用を通して、本学における持続的な教育改革・改善や学生の幅広い学習活動の実現を支援する。

(3)学務審議会、教育改革推進本部、高度教養教育・学生支援機構(業務センター)、各部局、事務組織の有機的連携に基づく一体的な教育マネジメント体制の確立に寄与する。

事業

(1)本学の教育学習活動・環境に関する基礎的データ収集システム(授業評価アンケート、成績評価・GPA実施状況、学務情報システムとの連動)を整備する。

(2)新入生調査、卒業時調査、学習経験調査(学士課程レベル、大学院課程レベル)、卒業生調査、学生生活調査、雇用者調査、教職員調査の体系的な設計・実施・分析を通して、東北大学における教育の効果点検・質向上を推進する。

(3)本学の教育学習活動に係るデータの収集・分析・提供を行うシステムの開発・運用を通して、本学における効果的な意思決定および教育マネジメントを支援する

教員の紹介

センター長 教 授 杉本 和弘 (比較教育学)
 副センター長 准教授 串本  剛 (高等教育論)
  講 師 松河 秀哉 (教育工学)
  特任講師 川面 きよ (高等教育における組織開発・職能開発)

お知らせ

4月1日付けで、松河秀哉講師が赴任しました。

【自己紹介】
前職では、ICTを活用した教育・学習支援や、データ・テキストマイニング技術を活用した授業評価アンケートの分析など、教育の効果や質を高める実践や研究を行ってきました。
教育評価分析センターにおいては、これまでの経験を生かし、大学内に存在する各種データを収集・分析して教育の改善・質向上を目指す教学IRに取り組む予定です。
高度教養教育・学生支援機構では、多様な活動を行っている各業務センターと連携し、データに基づいた教育活動の支援を行っていきたいと考えております。どうぞよろしくお願い申し上げます。

所在地

〒980-8576 仙台市青葉区川内41 高度教養教育・学生支援機構

アクセス

お問い合わせ先

教育・学生支援部 教務課:全学教育企画係
TEL:022-795-7578(DI)  FAX:022-795-7555  E-mail:kyom-k[at]grp.tohoku.ac.jp  ※[at]→@

リンク(オリジナルページ)