• TOP
  • 言語・文化教育センター

言語・文化教育センター(Center for Culture and Language Education:CCLE)

使命

 大学教養教育の基盤として広義のコミュニケーション能力獲得と多文化理解は重要な使命であり,自分の母語のみに限定されない総合的な言語能力を基盤として,幅広い価値観と世界観を涵養することは国際的なリーダーシップ力の育成にとって不可欠である。

 豊かな言語活動を実質化させるためには,言語4技能「聞く・話す・読む・書く」の総合力を備えた実践的運用能力の養成が不可欠であり,本センターは,国内外の高等教育機関における言語教授法と言語・文化教育カリキュラム編成の在り方に関する調査研究を推進し実践するとともに,具体的かつ実行可能な言語文化教育改善のための提言を行い学生教育に反映することによって,言語・文化に関わる教養教育の高度化と更なる発展に寄与することを使命とする。

事業

(1)全学教育「外国語科目」・「日本語科目」および高年次用英語教育カリキュラムを企画・開発し,運営する。

(2)全学留学生対象「日本語教育プログラム」をグローバルラーニングセンターと連携して企画・開発し,運営する。

(3)e-learning環境を改善し,コミュニケーション能力育成のための学習コンテンツを開発する。

(4)外国語教育研究の成果に基づいて,多読,多聴,速読,CALL教育等の外国語教授法を改善・開発し,実践する。

(5)教育評価分析センターおよび大学教育支援センターと連携し,言語・文化教育に携わる教員の教育能力を向上させるためのプログラム開発を推進する。

(6)グローバルラーニングセンターと連携し,海外派遣留学プログラム,外国語・コミュニケーション能力教育プログラムの充実化を図る。

教員の紹介

センター長 副機構長/副学長(教育改革・国際戦略担当)/理学研究科教授
山口 昌弘
副センター長 教 授 北原 良夫 (英語学、英語教育、高等教育論)
副センター長 教 授 菅谷奈津恵 (日本語教育)
  教 授 吉本  啓 (言語認知科学)
  教 授 上原  聡 (認知言語学)
  (兼務)教授 岡田 毅 (国際文化研究科)
  准教授 竹林 修一 (英語教育、アメリカ研究)
  准教授 桜井  静 (英語教育、第二言語習得)
  准教授 スクラ・ビンセント (TEFL)
  准教授 スプリング・ライアン(英語学、第二言語習得)
  准教授 メレス・リチャード (コミュニケーション・英語学)
  准教授 カヴァナ・バリー (社会言語学、応用言語学、英語学)
  准教授 カン・ミンギョン (ドイツ語学)
  准教授 深井 陽介 (フランス文学・フランス語教育学)
  准教授 田林 洋一 (スペイン語、言語学)
  准教授 シルバ・セシリア (Foreign Language Education(Spanish))
  准教授 趙  秀敏 (中国語教育、教育工学、eラーニング)
  准教授 金  鉉哲 (韓国公演芸術論、日韓比較文化論)
  准教授 副島 健作 (言語学、日本語教育)
  准教授 中村  渉 (言語類型論)
  准教授 林  雅子 (日本語学、日本語教育)
  講師(英語) アイコースト・ダニエル (TEFL)
  講師(英語) エンスレン・トッド (英語学)
  講師(英語) シャーロン・ベン (TEFL)
  講師(英語) スタヴォイ・ジョセフ (英語学)
  講師(英語) 三上 傑 (言語学、英語学)
  講師(ドイツ語) 遠藤 スサンネ (ドイツ語教育、北方史)
  講師(ドイツ語) シャハト・ベルント (Foreign Language Education (German))
  講師(ドイツ語) 髙橋 美穂 (ドイツ語学)
  講師(フランス語) ベルトラン・ソゼド(音声学・言語学(フランス語))
  講師(中国語) 張  立波 (中国語教育・日本文学・中国文学)
  講師(中国語) 王  其莉 (日中対照言語学、中国語教育)
  講師(日本語) 宿利由希子 (日本語教育、社会言語学)

お知らせ

現在、センターからのお知らせはございません。

所在地

〒980-8576 仙台市青葉区川内41 高度教養教育・学生支援機構

アクセス

お問い合わせ先

教育・学生支援部 教務課:全学教育企画係
TEL:022-795-7578(DI)  FAX:022-795-7555  E-mail:kyom-k[at]grp.tohoku.ac.jp ※[at]→@

リンク(オリジナルページ)

日本語教育セクションHP