キャリア開発室

概要

 キャリア開発室は、2006年、高等教育開発推進センター学生生活支援部に設置されたキャリア支援室を母体としている。2014年、高度教養教育・学生支援機構の発足にともない、高等教育開発部門の一室として新たにスタートした。

 

 キャリア開発室では、社会・経済環境の変化や学生の希望進路の多様化も進みつつあるなかで、学生のキャリア形成に関する各種支援のさらなる充実・発展に向け、キャリア、キャリア形成支援に関連する調査・研究、プログラム開発を推進している。教育面では、正課教育として全学教育でキャリア教育科目を開講するとともに、正課外で全学学生を対象とした各種の進路・就職支援プログラムや個別相談等も実施しており、調査・研究、プログラム開発の成果がこれらの教育活動の改善に継続的に活用されている。

 

 また、各部局における教育・進路の特徴を活かしたプログラムの企画・実施を部局と連携して行うとともに、全学の学生がすべてのキャンパスで等しく進路、就職に関する情報にアクセスできる環境の整備に努めている。

 

研究・教育活動

 

[1]キャリア、キャリア形成支援に関連する調査、研究、開発

 学生のキャリア形成に関する各種支援の充実・発展を図ることを目的のひとつとして、在校生、卒業生、雇用者などを対象とした調査の実施・分析に参画している。その結果の一部は支援プログラムに反映させるなどしている。

 また、就業・就職をめぐる環境の変化についての調査研究、他大学等におけるキャリア教育・支援の事例などについての調査研究なども継続的に行っており、本学のキャリア形成支援プログラムの改善に向けた取り組みを続けている。

 

[2]キャリア教育,進路・就職支援プログラムの企画・実施

①正課教育

 全学教育科目「ライフ・キャリアデザイン」「社会と大学生」「【展開ゼミ】新聞から見た現代社会論」「【展開ゼミ】東北の「みらい」を拓く新聞論」などの他、学部等開講科目の一部を担当。

②正課外教育

キャリア支援センター主催の各種ガイダンス・セミナー等の開発・実施、および進路・就職等に関わる個別相談の実施等。

 

[3]各部局との協働,進路・就職情報の発信

キャリア支援専門委員会において各部局との連携・協働のさらなる充実に努めるとともに、各部局における学生のキャリア支援プログラムへの講師派遣等を行っている。また、進路選択の参考となる情報を掲載した「東北大学 キャリア・就職ガイド」を発行するとともに、Web等を活用することにより進路・就職に関する情報のキャンパス間の格差縮小に努めている。

教員の紹介

室 長  准教授 猪股 歳之 (教育社会学)
  准教授 高橋  修 (人的資源管理論)

お知らせ

現在、本室からのお知らせはございません。

研究室所在

〒980-8576 仙台市青葉区川内41 高度教養教育・学生支援機構